日本コカ·コーラ株式会社

記者発表:

海洋ごみ削減とプラスチック資源の適切な回収・循環利用を目指す

陸域から河川への廃棄物流メカニズムの共同調査

海洋ごみの発生源・メカニズムの解明

概要

調査対象

プラスチック類(レジ袋、ペットボトル、容器包装等)のほか、缶やビン、紙くずなど。

調査エリア

・全国の複数河川流域
・河川本流のほか、より人々の生活に近い支流、用水路、繁華街など。

今後の予定

調査結果は2019年内をめどにまとめ、国内のプラスチック資源を有効活用するための政策提言とともに公表予定。

戻る